しじみに含まれるオルニチンとは?

しじみの有効成分といえばオルニチン。
体にとてもいい影響があることで知られているオルニチンですが、
具体的にどんな効果があるのか知っていますか?

 

実はオルニチンには疲れた現代人にとてもいい影響があるのです。

疲労回復効果

疲れたな、と思っても通常であればきちんと休息をとって眠れば次の日には疲れが残ることはありません。
しかし歳をとるにつれてきちんと疲れがとれなくなってしまった、という人もいます。
そんな人にしじみがオススメなのです。

 

しじみは成長ホルモンの分泌を促す効果があります。
成長ホルモンは基礎代謝をあげて疲れにくい体を作るためには非常に大切なものです。

 

万年疲労気味のお父さん、育児や家事で疲れてしまったお母さん、働き盛りの若い人たち…
ありとあらゆる人にしじみのオルニチン効果が期待できます。

肝臓の機能を向上させる

私達の体に入り込んだ毒素を打ち消すために年中無休で戦ってくれているのが肝臓です。
この肝臓、とても寡黙で仕事熱心な臓器で、非常にタフなことで知られています。

 

しかし、どんなにタフであっても働き続ければその機能は落ちてきてしまいます。
オルニチンはそんな疲れた肝臓にはたらきかけて機能を回復、向上させる力を持っているのです。

 

体の疲労は肝臓からきていることもあります。
代謝を上げて体全体の疲れをとりながら肝臓の疲れを癒せばあなたも疲れ知らずになれるかもしれません。

 

疲れが溜まっている感じがする…寝ても疲れがとれない…
そんな人はぜひしじみを食べる習慣をつけましょう。