しじみは肝臓に良い?

お酒が好きな人なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
「しじみは肝臓に良い」ということを。

 

二日酔いの特効薬とも呼ばれているしじみですが、
なぜ、しじみが肝臓に良いと言われているのか知っていますか?

アルコールのほとんどは肝臓で処理されている

お酒から摂取したアルコールは、そのほとんどを肝臓が処理してくれています。
そのとき発生するのがアセトアルデヒドと呼ばれる有害物質。
これをさらに分解して無毒な状態にするわけです。

 

しかし、肝臓のはたらきが悪くなってくると、
今までできていたアセトアルデヒドの分解能力が落ちてきてしまいます。
そして翌朝にもアセトアルデヒドが残ってしまうと二日酔いになってしまうと言われているのです。

 

肝臓はアルコールの分解以外にもさまざまなはたらきを持っているところであり、
いくら丈夫だと言われているとはいえ、働きすぎればやはり疲れて機能が落ちてしまうのです。

肝臓を助けてくれるのがしじみ

そこでしじみの登場です。
しじみには肝臓に良いとされている成分がたっぷり入っているのです。
特に肝臓に良いとされているのはタウリンです。
タウリンは弱ってしまった肝臓の機能を回復させる効果があります。

 

またオルニチンをはじめとしたアミノ酸が肝臓のはたらきを活発にしてくれます。
積極的にしじみを食べることはある意味肝臓を守ることにもなるのです。

 

特にお酒が大好きでよく飲んでいるという人は、
酷使してしまっている肝臓を労るためにも、ぜひしじみを食べる習慣をつけましょう。